“大半”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たいはん75.0%
あらかた8.3%
おおかた8.3%
なかば8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はたして、その、この大火こりました。そして、ほとんど、大半全滅して、また負傷したがたくさんありました。
あほう鳥の鳴く日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
今の築地二丁目の出方の二階へ引っ越して来た時には、女からった手切の三千円はとうに米屋町大半なくしてしまい、の金は一年近くの居食にもう数えるほどしかなかった。
雪解 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そのは空に薄雲があって月の光が朦朧としていた。人通りはますますすくなくなって、物売る店ではがたがたと戸を締める音をさしていた。仲店街路大半店を閉じて微暗かった。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
申入候過日御約束致置候中川漁船の儀は来月四日と致度ては釣道具大半破損致し居候間夜分にても御閑の節御入来之上右釣道具御繕い直し被下候様奉願上候