雪解ゆきどけ
兼太郎は点滴の音に目をさました。そして油じみた坊主枕から半白の頭を擡げて不思議そうにちょっと耳を澄した。 枕元に一間の出窓がある。その雨戸の割目から日の光が磨硝子の障子に幾筋も細く糸のようにさし込んでいる。兼太郎は雨だれの響は雨が降っている …
作品に特徴的な語句
あき おっか どおり こた あつかい たま とおり づれ ども つき 湯冷ゆざめ つけ てる さかり あかる おそれ 御酒おさけ さむさ しん あわ いで さかさ よそ せい 乃公おいら 一日いちんち とば あが うれい せん 岡目よそめ らく ばばあ けん はばかり 目付めつ むこう 玩具がんぐ あきらめ 有合ありあ 頓着とんちゃく 翌日あくるひ たちまち 御覧ごらん のち 建込たちこ ひさし 幾筋いくすじ ぬぐ 掛直かけなお 崩落ぼうらく かけ おそれ 小作こづくり なで 寝過ねすご 着痩きやせ ななめ 容貌きりょう ほう 一間いっけん 明日あした あね 見詰みつめ おぼ 大半あらかた かど おそ 痩立やせだち がまち 此度こんど とっ ぬれ 余沫しぶき におい じじい 午後ひるすぎ 風俗なり りん たん 吉川よしかわ 此方こなた 一足いっそく どぶ のこり へん 水口みずぐち 雪解ゆきどけ 身構みがまえ すま うかが 突立つった 鳥鍋とりなべ すじ