“残”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
のこ89.1%
のこり6.0%
のこん1.0%
あと0.7%
そこな0.7%
のこせ0.7%
のこっ0.3%
0.3%
0.3%
ざん0.3%
0.3%
のこし0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、ほのかにもとをあたためて、のうちには、まだったが、で、しかし、らかにをうたっていました。
丘の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そして人数二手に分けて、自分達親子の一手は高麗橋を渡り、瀬田の一手は今橋を渡つて、内平野町米店に向ふことにした。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
うの花にはまだ早い、山田小田紫雲英の菜の花、並木の随処に相触れては、狩野川が綟子を張って青く流れた。雲雀は石山に高くって、鼓草の綿がタイヤのに散った。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
われわれの近づくのに気がついたか、の男はこちらをふり向いた,見覚えの貌だ,よく見れば山奉行の森という人で、の二人は山方中間であッた。
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
もしこの風を互いに相倣い、ただ生計をこれ争うの勢いに至らば、俊英の少年はその実を未熟にうの恐れなきにあらず。
学問のすすめ (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
描金して人のをなめず、別に一趣奇工す。破笠細工とて今にせらる。吉原の七月機燈を作りて今に其余波り、なれどもさのみはとてもらせり。
義塾次第に繁昌四月になった所で普請も出来上り、塾生は丁度慶応三年と四年の境が一番諸方に散じて仕舞て、た者はに十八人、夫れから四月になった所が段々て来て
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
中殿  えんとす 竹のの声。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
お伝もお絹もいまだんの色香なまめかしい出獄早々スクリーンへその妖姿を現して、たちまちに満都の人気を席捲することができ得ただろう。
艶色落語講談鑑賞 (新字新仮名) / 正岡容(著)
大鵬という鳥がある。よく万里を翔破します。しかし大鵬の志は燕雀の知る限りではない。古人もいっている——善人がを治めるには百年を期して良くを去ってす——と。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして、幾人もいる肉襦袢らのれから、っているしました。
公園の花と毒蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)
思いつつればや人の見えつらん夢と知りせばざらまじを、大原は昨夜の夢のり嬉し顔に朝早く臥戸洗面場てその帰りに隣室の前をけるに、隣室に下宿せる大学の書生二
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)