“残酒”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のこりざけ50.0%
ざんしゅ25.0%
のこり25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真澄ますみはその晩も台所へ往って、酒宴さかもりの後しまつをしているじょちゅうから、二本の残酒のこりざけと一皿のさかなをもらって来て飲んでいた。
岐阜提灯 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
祭や祝宴の翌日を瓶底飲かめぞこのみ、または残酒のこりざけなどと称して、女までが集まって飲食したのは、つまりはその酒が、時に入用なだけしか造られなかった証拠である。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
先刻さっき残酒ざんしゅ此処こゝにあるから一杯あがれよ…んですね
小歌は銚子をとってお酌と云うに、貞之進は冷たくなった猪口ちょく残酒のこりを飲干し、顫えまいと力を入れるほど顫えて、口へは遣らずやっぱり膳へおいたが、その時小歌は考え附いたか
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)