油地獄あぶらじごく
大丈夫まさに雄飛すべしと、入らざる智慧を趙温に附けられたおかげには、鋤だの鍬だの見るも賤しい心地がせられ、水盃をも仕兼ねない父母の手許を離れて、玉でもないものを東京へ琢磨きに出た当座は、定めて気に食わぬ五大洲を改造するぐらいの画策もあったろ …
作品に特徴的な語句
より きびし 退のけ くらめ ぶっ ゆか よんど すじかい くわ あわた かみ せか はげ いっ わた 現象しるし さが 沈黙むっつり いい 落籍ひっこ ささ なだ さしもの 入来いらっし 褐色ちゃ いわ 首肯うなずい ゆか 這入はいら 心懸しんけん あか 入来いらっしゃ いい みつ 落籍ひっこみ いい ぺき 風采ようす あたし 点頭うなずき 入来いらし きく 説明ときあき なくな はた たっ 穿はき 引出とりだ たまし まこ いっ のま いつ いそが 先刻さきがた のこ きき 沿つい 良人やど 酸漿かたばみ わる 挙止ようす 知己しりびと なが おわ いわ 往復ゆきかえ 逡巡しりご 過日このあいだ うつぶ やさし よろし つけ いつく かた 送迎おくりむか つけ おき 密接くっつき 財嚢かみいれ まこと 遺憾のこりおし おく はなは とわ おぞ 前触さきぶれ 交際づきあい 疲労くたび あが すこ