油地獄あぶらじごく
大丈夫まさに雄飛すべしと、入らざる智慧を趙温に附けられたおかげには、鋤だの鍬だの見るも賤しい心地がせられ、水盃をも仕兼ねない父母の手許を離れて、玉でもないものを東京へ琢磨きに出た当座は、定めて気に食わ …
作品に特徴的な語句
不機嫌ふきげん 溝板どぶいた 畢生ひっせい 看板かんばん 鉄漿かね 大喝たいかつ 本意ほい 半襟えり 秘訣ひけつ そら 両人ふたり 不知不識しらずしらず のき 海棠かいどう 取做とりな 為替かわせ 烟草たばこ 横浜はま 儼然きっ 酩酊めいてい すす 文言もんごん 烟管きせる 沈着おちつ 一声いっせい 片肱かたひじ 黒縮緬くろ 塵芥ちりあくた 断念あきら 杜絶とぎ 長煙管ながぎせる わたし 毛繻子けじゅす 懲々こりごり 記号しるし 沿つい 説明ときあき 白魚しらお 袢纒はんてん すくな 剰銭つり 銀簪ぎんかん 褐色ちゃ 硯筥すずりばこ 振返ふりかえ 引出とりだ 剽窃ぬい 嫣然にっこり 素見ひやかし 車夫くるまや りょう 標題みだし 落語はなし 相生そうしょう えん 命令いいつ 小女こおんな 昨宵ゆうべ 歌舞伎座かいりょうざ 淡紅色ももいろ 仰反のけぞ 恐々こわごわ 酸漿かたばみ 御神籤おみくじ 松代まつしろ 点燈頃ひともしごろ 目送みおく 薄痘痕うすあばた よば 沈黙むっつり 一箇ひとつ 酒盃さかずき 書籍ほん 琢磨みが なら 落籍ひっこみ 心裡こころ 腋下わきのした 隔意こころおき 燈光あかり 口実いいぐさ 二片ふたきれ 引奪ひったく 断定きめ 滋味おいし 片寄かたよせ 黒天鵞絨くろびろうど 往還おうかん ためら 前触さきぶれ 勘考かんこう 挑発からか 絹糸いと 四歳よっつ 平日ふだん 揚代ぎょく 往復ゆきかえ 廉々かどかど