“現象”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げんしょう32.4%
げんしやう24.3%
げんしよう8.1%
さま8.1%
すがた5.4%
あらわれ2.7%
ありさま2.7%
きざし2.7%
こと2.7%
しるし2.7%
ひとのこと2.7%
ケース2.7%
スペシメン2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もっとも一つせば、らないのに、こちらは、が四も五もあるのだから、まったく自然現象ばかりは奇妙なものだ。
風雨の晩の小僧さん (新字新仮名) / 小川未明(著)
國民地震つても、科學的素養けてゐるから、たゞ不可抗力現象としてあきらめるだけで、これに對抗する方法案出ない。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
かゝるろしい現象はこれのプレー噴火經驗せられたのみであつて、其他火山てはだかつて經驗されたことがない。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
龍華寺の信如が我が宗の修業の庭に立出る風説をも美登利は絶えて聞かざりき、有し意地をば其まゝに封じ込めて、此處しばらくの怪しの現象に我れを我れとも思はれず
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かゝる天の現象なりき、世界とその導者達との徴號の尊き嘴しゝ時、わが心に浮べるものは 七—九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
うらうへにましき現象
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
うしたには不思議現象なるものとえまして、姿がその漁師夢枕ったのだそうでございます。
いっそ不景気の現象ですと、茶屋奉公の昔から、胸間に欝積した金玉の名論を洪水の如く噴出されて、貞之進はそうかそうかとただ点頭いて居たが、それでも小歌という好児が御在ますと
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
「在りのままに信じるのを掟としてゐるのだ。何時誰が、凡ての現象を目して疑ひを抱くほどのがあるものか」と。
疑惑の城 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
それに、外国の女となると、べつの現象に対するように男の好奇心が沸き立つところをも、彼女らは経験によって捉えているのであろう。