“自然現象”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しぜんげんしやう25.0%
しぜんげんしょう25.0%
しぜんげんしよう25.0%
できごと25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
無盡藏自然から財貨百姓ず一へられる季節れば、財貨つた穗先む一自然現象して戰慄しつゝいた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
には局部的風位せても、きな自然現象大抵竜神さんの受持にかかり、とても天狗にはその真似ができないとすことでございます。
火山地震強敵である。強敵れずとは戰爭だけに必要格言でもあるまい。はこれらの自然現象なりれたものである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
この前代未聞の自然現象を文章に綴って、それを【*北方の蜂】にでもお載せになったら、(と、ここでまた彼は嗅ぎ煙草を一服やって、)それこそ若い者の教訓にもなり
(新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)