“火山”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かざん40.0%
くわざん40.0%
ひのやま20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
有史以前には噴火した證跡しながら、有史以來一回噴火したことのない火山はなか/\い。箱根山きがその一例である。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
疾風けて狂人が、から飛乘らうとしたれると、づんとつて、屋根よりく、火山刎上げられて、五體いた。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ここは外夷に、屋島は内海の乱に、常時、防人がおかれていたものであろう。だから壇ノ浦のそばには火山(のろし山)の名もある。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)