“屋根”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やね99.4%
ヤネ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんでも夜中すぎになると、天子さまのおやすみになる紫宸殿のお屋根の上になんともれない気味くものがあります。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
になると、屋根れました。は、ときどき、それらのうつりかわる自然して、ぼんやりながめましたが
ちょうと三つの石 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ンヤデヤなア、ゲデセエ、ゴト日當りの屋根サ干すエネればがしグテ、晝間まで掻廻して、それガラ田畔サあがテせ、
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)