“屋根越”の読み方と例文
読み方割合
やねごし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さも/\へたで、永代からいてるが、いてくと、文明程度段々此方るにうて、屋根越ることがるであらう。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
さもさもえたで、永代の方から長く続いて居るが、いて線を引くと、文明の程度が段々此方へ来るにうて、屋根越ることが分るであろう。
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
い、東京すのは豪儀だ。ひよい、といて温泉宿屋根越つ、まるで方角つたへ、つて手際ふのはい。か、に、有名でもるか。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)