“屋根瓦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やねがわら76.0%
やねがはら24.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いま、秋の日が一ぱい金堂や講堂にあたって、屋根瓦の上にも、めかかった古い円柱にも、松の木の影が鮮やかに映っていた。
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
西の屋根瓦の並びの上に、ひと幅日没後の青みを置き残しただけで、満天は、のような黒味の奥に浅い紺碧のいろをえ、夏の星が
蝙蝠 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
五、 屋外ては屋根瓦墜落石垣煉瓦塀煙突倒潰ある區域からざかること。石燈籠近寄らざること。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
けると、こゝにもぶ。下屋屋根瓦を、すれ/\に、晃々、ちら/\とんでく。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)