大和路・信濃路やまとじ・しなのじ
その藁屋根の古い寺の、木ぶかい墓地へゆく小径のかたわらに、一体の小さな苔蒸した石仏が、笹むらのなかに何かしおらしい姿で、ちらちらと木洩れ日に光って見えている。いずれ観音像かなにかだろうし、しおらしいな …
作品に特徴的な語句
同棲どうせい 一抹いちまつ ほろ かば 蓮華れんげ 山麓さんろく 木魂こだま そり 幸先さいさ 廃頽はいたい 菩薩ぼさつ 苔蒸こけむ 苦患くげん 瞑想めいそう 現身うつそみ 野茨のいばら 突拍子とっぴょうし 蒲公英たんぽぽ 鶺鴒せきれい 馭者ぎょしゃ 松茸まつたけ 郡山こおりやま 瓔珞ようらく 天邪鬼あまのじゃく 屋根瓦やねがわら 浅茅あさぢ 闊達かったつ 飛翔ひしょう 数奇すき 打棄うっちゃ 飛鳥あすか 終焉しゅうえん 彷彿ほうふつ 築土ついじ キロ 大様おおよう 辛夷こぶし 郎女いらつめ 馬酔木あしび 平群へぐり 金堂こんどう 一聯いちれん 法被はっぴ 緋桃ひもも 尾花おばな 葛城かつらぎ おさ なずな いつく 斑鳩いかるが 骨董店こっとうてん 交叉こうさ 土偶でく 煖炉だんろ 斑雪はだれ あずさ 異様ことざま 下脹しもぶく 八重葎やえむぐら 粗壁あらかべ 水瓶すいびょう そば 挽歌ばんか 悲愴ひそう 大鳥おおとり 岩根いわね つつ 一廓いっかく 白楊はこやなぎ 当麻寺たぎまでら 春日野かすがの 流謫るたく 阿修羅王あしゅらおう 乾漆かんしつ 二上山ふたがみやま 旅嚢りょのう 秋山あきやま 穴師あなし 素樸そぼく 頸巻くびまき 香具山かぐやま 馭者台ぎょしゃだい 水煙すいえん 黄葉もみぢ 哀婉あいえん 唐招提寺とうしょうだいじ 歌姫うたひめ 駄弁だべ 復習さらい 信濃境しなのざかい 室生寺むろうじ 文使ふづか 虚空蔵菩薩こくぞうぼさつ 五条ごじょう 多聞天たもんてん 浄瑠璃寺じょうるりじ