大和路・信濃路やまとじ・しなのじ
その藁屋根の古い寺の、木ぶかい墓地へゆく小径のかたわらに、一体の小さな苔蒸した石仏が、笹むらのなかに何かしおらしい姿で、ちらちらと木洩れ日に光って見えている。いずれ観音像かなにかだろうし、しおらしいなどとはもってのほかだが、——いかにもお粗 …
作品に特徴的な語句
たばか かが うん くさぐさ いそ まど 水瓶すいびょう ぶみ あくが 人性ユマニテ ぼり こう くぎ 花文かもん がら しず 使つかひ 山路やまぢ いかずち おお いも かがや かご 法蓮ほうれん はさ 曠野あらの あか 幸先さいさ やわ 岩根いわね 義疏ぎそ しま あきら 水煙すいえん かる かじ 浅茅あさぢ むら 甘橿あまがし 古拙アルカイック いにしえ 異様ことざま 穴師あなし せん 現身うつそみ 駄弁だべ 為事しごと 茫々ぼうぼう 茣蓙ござ しげ 苦患くげん 苔蒸こけむ こけ 花薄はなすすき あと 艱苦かんく 白楊はこやなぎ 自棄やけ 臥床ふしど 相槌あいづち もろ ほころ こも 畝傍うねび キロ 築土ついじ おさ たけのこ 粗壁あらかべ 秋山あきやま 素樸そぼく 終焉しゅうえん 石廓せっかく 相輪そうりん 真弓まゆみ 聯想れんそう ふけ 真摯しんし