“苔蒸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こけむ97.3%
こけむす2.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこに預けて置いた弓の道具を取出して、私は学士と一緒に苔蒸こけむした石段を下りた。静かな矢場には、学校の仲間以外の顔も見えた。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
真の夜泣松は、汽車から来る客たちのこの町へ入る本道に、古い石橋の際に土をあわれにって、石地蔵が、苔蒸こけむし、且つ砕けて十三体。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
苔蒸こけむす欄干らんかんがくれに、けた蔦蔓つたづるめたのが、前途ゆくてさへぎるのに、はし彼方かなたには、大磐石だいばんじやくかれて、急流きうりう奔湍ほんたんと、ひだりよりさつち、みぎよりだうくゞり、真中まんなか狂立くるひたつて
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)