“苔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こけ97.1%
ごけ2.1%
こげ0.6%
とう0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
釣瓶は外してありますが、覗くと山の手の高台の井戸らしく、石を畳み上げて水肌から五六間、と虎耳草が一パイえております。
清浄な檜林を見つけた。わしは老母空骸を千年の下に埋めた。は近くの小挽小屋から借りて来たものだった。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が小さい頭をだしていたので、これをつまんで薬味として加えたところ、鼻の奥に涼香漂い舌端に爽烈の気を呼んで、思いがけなく心に佳饌の趣を催したのであった。
食指談 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)