“ごけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ゴケ
語句割合
後家68.8%
寡婦10.2%
5.5%
碁笥4.7%
未亡人3.1%
白首2.3%
淫賣0.8%
嬬婦0.8%
寡家0.8%
御家0.8%
御懸0.8%
未亡0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家の中には紛失物は無いらしく、天井裏からボロに包んで、少しばかり纒まつた金の出て來たのも、後家らしいたしなみでした。
未だうら若い寡婦さんで——尤も僕よりは一つ方姉さんでしたが——健康そうな肉体を持った相当美しい女であったので
象牙の牌 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
これはたぶん複眼の多数のレンズの作用でちょうどの場合と同じような反射をするせいと思われる。
からすうりの花と蛾 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
黙ったまま碁笥をとった泰軒は、やにわにそれを荒々しく振り立てた。無数の石の触れ合う音が騒然と部屋に流れる。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
今も歌ふは当初露友未亡人なる荻江のお幾が、かの朝倉での行違を、のすさびにねた一三下り、雨の日を二度の迎に唯だ往き返り那加屋好濡浴衣か模様は染違
そめちがへ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「俺にだってや子供はいるんだで」白首のことを話した漁夫が急に怒ったように云った。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
「……淫賣になんかしたくねえよ。」
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
淫賣でもしてるべよ。」
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
彼が家督を相続した頃には、運のわるいお時はもう嬬婦になってしまって、まだ八つか九つの十吉を抱えて身の振り方にも迷っているのを、外記が救いの手をひろげてってくれた。
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
其内親分がある寡家に入りりになって、お広さんが其処に泣きわめきの幕を出したり、かかり子の亥之吉が盲唖学校を卒業して一本立になっても母親をいつけなかったり
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
駿府より連れ歸り打寄て種々異見に及びしかど文藏は何時かな思ひ樣子もなく假令不孝とれ勘當受る共是非に及ばずと思ひ切て申ける故ば忠兵衞も致し方なく然程に思ひ詰給ふ上は暫時私しへ御せ有べし必ず思し召違ひ有て短氣の事など爲給ふなと種々に置きて忠兵衞は御家のおもせが機嫌を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
息子のことはさらさら御懸ねんなく、ひたすら御自身の御養生と、日々のおたのしみをもっぱらお努めありますように。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
亡き良人が親友の未亡人さまといふばかり、平常は與之助の好きて通ふをさへ苦々敷いひけるも、此度びのはからひの如何に説きてか我が手にさへ乘らざりしを鎭づめて
花ごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
真円な池の大半がミズに埋れて水の形が新月形に残って居るから、鎌ヶ池と名づけたと云う人もあるが、昔鴨が沢山棲んで居たから鴨ヶ池と云ったのが訛転したのだとも云う。
女子霧ヶ峰登山記 (新字新仮名) / 島木赤彦(著)