“をんな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヲンナ
語句割合
51.0%
12.6%
婦人11.3%
5.0%
女子4.6%
2.9%
婢女2.5%
女性2.1%
情婦1.3%
婦女1.3%
侍婢1.3%
女人1.3%
下婢0.8%
0.4%
0.4%
寡婦0.4%
少婦0.4%
閨秀0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなぞは、あなたつてゐるやうに、したではありません。どうせふとなれば、されるのです。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
もし衣にだにもらばんとへばなりイエスふりかへりを見て曰けるはよ心安かれ爾の信仰なんぢを愈せり即ち婦この時より
忘れがたみ (新字新仮名) / 原民喜(著)
折角柔かい乳房を持ちながら、男のやうな硬い考へ方をする婦人がある。正直な農夫め、そんなのを見たら、どんなに言ふだらう。
「岡場所のドラ猫見たいなの頬ぺたを舐めるんぢやねえ、これでも佛樣だ。誰が笑ふものか、安心してやつて見な」
私さう申すと何で御座いますけれど、これでも女子にしては極未練の無い方で、手短に一かか決して了ふなので御座います。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
はその癇高いを聞きながら、埃にまみれた草鞋の紐を解いた。其処へが浅いに、洗足の水を汲んで来た。水は冷たく澄んだ底に、粗い砂を沈めてゐた。
槍ヶ岳紀行 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
何も表向き実家の悪るいを風聴なされて、召使ひの婢女どもに顔の見られるやうな事なさらずとも宜かりさうなもの
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
篠田は首打ち振りぬ「其れが女性の本来でせうか——必竟女性を鬼になしたる社会の罪では無いでせうか」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
『彼奴の情婦にしちや、すこし年寄りだな』、それから二日たつた日、他の水兵達は彼の後姿を笑ひながら、さういつた。『けれど、馬鹿に仲が善ささうだな』
與之助が立身の機は一度うしなひて又の日の量り難きに、我れはいさゝかも優しく脆ろく通常一とほりの婦女氣を出だすべからず、年來馴れたる中のたがひに思ふ事も同じく
花ごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
よしや良人が芸者狂ひなさらうとも、囲い者して御置きなさらうともそんな事に悋気する私でもなく、侍婢どもからそんなも聞えまするけれどあれほど働きのある御方なり
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そも女人は、一五千、七千餘卷のどのにもになれないとはれてゐるが、法華經ばかりには女人になると説かれてゐる。
ムヽウ随分ですな。近「ウン……。梅「器量つてゐながら、家内鎧橋味噌漉げてつた下婢より悪いとは、ちよいとぎますなア。 ...
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
吾儕は車の上から街道を通る若い男やの群に逢つた。その頬の色を見たばかりでも南伊豆へ來た氣がした。
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
堅く閉てたる樣子也然れども此所をして尋ねずばにも尋ぬる方あるまじと思ひ門の戸をきて呼起すに未だ内には寢ざるにや年寄たるの聲にて應と言て門の戸を友次郎の顏を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
無理もないと思ひつゝも、智恵子の心には思ひもかけぬ怪しき陰翳がさした。智恵子は心から此哀れなる寡婦に同情してゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
柿田が階下へ薬の瓶などを取りに行つて来ると、内儀さんは神経質らしい眼を光らして居ることもある。そして、何か斯う待受けて居たかのやうに、無心に潮紅する少婦の表情を読まうとした。
死の床 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
これがかの夕日名高く、閨秀樂師のなれのであらうとは!
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)