“味噌漉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みそこし78.3%
みそこ21.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此洋服着て、味噌漉持って、村の豆腐屋に五厘のおからを買いに往った時は、流石の者も髯と眼鏡と洋服に対していさゝかきまりが悪かった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
フヽヽんな工合だツて……あ彼処味噌漉げて何処かのるね、よりはう少し色がくツて、ずんぐりしてえてくないよ。
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「内弟子のお秋は味噌漉しを下げて豆腐か何か買いに出かけた留守。——曲者は表の格子を開けて入って、後ろから——、そのまま裏へ抜けた様子で」
よく楢茸の初物だの何だのっては、味噌漉しに入れて持って来てくれた。時には親切に困ることもあった。ある時畑のの草を苅ってやると云ってげて来た。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)