“味噌摺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みそすり91.7%
みそす8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「畜生ツ、代診野郎の味噌摺新六の告げ口だらう。——覺えてゐるが宜い——でも私は毒藥は盜んだが、それを使つたわけぢやない」
しかし御覧の通り、木の同然のものでありますので、別に名告りますほどの苗字とてもありませぬ。愚僧は泉岳寺の味噌摺坊主でござる。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
解つたか、味噌摺り奴、——手前は腹の惡い人間ぢやねえが、主人大事がじて、外の者へツラく當り過ぎるよ、氣を付けやがれ