“味噌漬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みそづけ90.0%
みそづ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大喜びで、其禮に、若干銀貨へやうとしたが、如何してもらぬ。らしめたら、今度重箱味噌漬れてつてれた。
ムツは全体下等な味で煮ても味噌漬にしても下品な方だけれどもフライにすると大層淡泊で上品になる。それもムツの産地によって味が大層違う。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
三人の魔女なぞをすよりも、六牙象王味噌漬けだの、天竜八部粕漬けだの、天竺の珍味をらせたかも知らぬ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)