“味噌納屋”の読み方と例文
読み方割合
みそなや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吉左衛門やおまんは味噌納屋の二階から、お民はわびしい土蔵の仮住居から、いずれも新しい木の香のする建物の方に移って来た。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
と言いながら、おまんは隠居所の階下にあたる味噌納屋の戸をあけて見せた。味噌、たまり、漬物のなぞがそこにあった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
間もなくお民は古い味噌納屋の方へ夫を連れて行って見せた。その納屋はおまんが住む隠居所のすぐ下に当たる。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)