“味噌歯”の読み方と例文
読み方割合
みそっぱ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
須藤は背は高かったがひどく痩せぎすなたちで、前歯が虫に食われて味噌歯になっている。
一同が広々としたへ出て、村の入口にっている小さな橋を渡ろうとすると、突然物陰から、飛白のよれよれの衣物を着た味噌歯の少年が飛出して来て、一番背の高い自分に喰付こうとした。
秘められたる挿話 (新字新仮名) / 松本泰(著)
の愛情、赤いポストにするまで。と、味噌歯を出してわらったのだが、金羊毛の舞踊室から無頼漢の礼讃を象徴するような意気で猥雑なタンゴが響いてくると、急に奔放な馬のような女となって
孟買挿話 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)