“味噌焼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みそやき66.7%
みそや33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千種川でれる頃になれば、鮎の味噌焼にはなくてはならぬつまではないか。ぴりと辛うて、舌をしおる。又、腹中の虫をくだし、暑気りの薬になる、立派な奉公だ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
イナの味噌焼 秋 第二百十八 料理
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
同じ大根おろしでも甘酢にして、すりの入れ加減まで、和尚の注意も行き届いたものであった。塩ゆでの枝豆、串刺しにした里芋の味噌焼きなぞは半蔵が膳の上にもついた。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)