食道楽くいどうらく冬の巻ふゆのまき
○大隈伯爵家温室内の食卓(口絵参照) 我邦に来遊する外国の貴紳が日本一の御馳走と称し帰国後第一の土産話となすは東京牛込早稲田なる大隈伯爵家温室内の食卓にて巻頭に掲ぐるは画伯水野年方氏が丹青を凝して描写せし所なり。 この粧飾的温室はいわゆるコ …
作品に特徴的な語句
かなわ かない あいだ つもっ うしなわ はやく わたく ゆるめ 表面うわかわ まぜ あったか ならん さま しぼっ ぐら たかま 醤油じょうゆ いわ かた ない かう きょ つつん 沸騰わか たのん かん そく だし むかっ かわ やり 美味おいしゅ よっ あったか まぜ たべ ふい 追付おっつか 魚類さかなるい そく げん 畢竟ひっきよう ばい 肉汁じゅーす こぼ いれ すくの ならわ 水泡みずぶくれ 狼狽うろたえ とっ そむ 良人やど はらわた あらわ うご 巴里ぱりー かぶ かい よけ かたわら はじ 保存とっ 容易やさし 正身しょうみ きっ あたら ぶり かわ 仲間あいだ 紅色あかみ うみ いん づか 手水てみず おなじ なめらか いり かっ もっ
題名が同じ作品
食道楽:秋の巻 (新字新仮名)村井弦斎 (著)
食道楽:春の巻 (新字新仮名)村井弦斎 (著)