食道楽しょくどうらく冬の巻ふゆのまき
○大隈伯爵家温室内の食卓(口絵参照) 我邦に来遊する外国の貴紳が日本一の御馳走と称し帰国後第一の土産話となすは東京牛込早稲田なる大隈伯爵家温室内の食卓にて巻頭に掲ぐるは画伯水野年方氏が丹青を凝して描写 …
作品に特徴的な語句
烏賊いか 香具師やし 無駄むだ 牡蠣かき 美濃みの 沢庵たくあん 気儘きまま もも 詰問きつもん とん ひよ 凋落ちょうらく 土耳古とるこ 短冊たんざく もも 加減かげん 惜気おしげ 美事みごと 反物たんもの 章魚たこ 本意ほい もみ つむぎ すし 我邦わがくに 投網とあみ 掃溜はきだめ さば 偏頗へんぱ 効目ききめ 成行なりゆ 勃興ぼっこう 人参にんじん ます こうし 眉目びもく 山葵わさび 頑是がんぜ 白湯さゆ 鶏卵たまご 五位鷺ごいさぎ 灰汁あく 蒲鉾かまぼこ 晩酌ばんしゃく なし すずき かき 清楚せいそ 旺盛おうせい 芥子からし 沮喪そそう 泥鰌どじょう 田楽でんがく 貴郎あなた 賜物たまもの 海鼠きんこ 醗酵はっこう 焼酎しょうちゅう 仮初かりそめ 奥床おくゆか 椋鳥むくどり 椎茸しいたけ 鼓舞こぶ ふる くす 賞翫しょうがん 唐辛子とうがらし 拍子木ひょうしぎ 早稲田わせだ 物置ものおき 独活うど 蒸籠せいろう 蝶番ちょうつが 見世物みせもの 猥褻わいせつ 丁子ちょうじ 幾重いくえ 甲斐甲斐かいがい 雑煮ぞうに きん 慈姑くわい 手持無沙汰てもちぶさた だいだい 汁粉しるこ 見計みはか 下痢げり へい 点綴てんせつ 持前もちまえ 河豚ふぐ 玉葱たまねぎ 菓子かし 怨嗟えんさ 有様ありさま きのこ 鰹節かつぶし あわび なら
題名が同じ作品
食道楽:秋の巻 (新字新仮名)村井弦斎 (著)
食道楽:春の巻 (新字新仮名)村井弦斎 (著)