“鮎”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あゆ98.7%
あい1.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鮎”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 食品 料理3.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.4%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
F町へついて当ズッポウに歩いていたら、ヤナがあって、あゆを食わせるところが見つかったから、鮎を食って、ヒルネをして
不連続殺人事件 (新字新仮名) epub / 坂口安吾(著)
あゆとか、ごりとか、いわなとか、そういった深い幽谷ゆうこくに産する魚類が常に生かしてあって、しかも、それが安かった。
鮎の食い方 (新字新仮名) epub / 北大路魯山人(著)
「これを漢字に当てめると『あい』ともなれば『あい』ともなる。『あい』ともなれば『あい』ともなる。そうかと思うと『あい』ともなる。いずれ何かの暗号ではあろうが、さて何んの暗号だろう? そうしていったい何者が、こんな悪戯いたずらをするのだろう?」
名人地獄 (新字新仮名) epub / 国枝史郎(著)