“香魚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あゆ91.7%
こうぎょ8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しぶきをあびながら岩角にんで糸を垂れる者が見える。彼は香魚の季節のおそいのをんでいるのであろう。「うるか」はこの地の呼び物である。
日田の皿山 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
そこで砥石に水がられすっすとわれ、秋の香魚にあるような青いがもう刃物にあらわれました。
チュウリップの幻術 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そんな時に払暁よく私達は鮎を嗅ぐ、未明の靄の中で渓流のほとりを行くと、実際に香魚といふだけあつて鮎は匂ふ、川の中から匂ふ、水面に跳ね始めたら誰にでも匂ふが
夏と魚 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)