“鱶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふか98.5%
ふかざめ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十八貫のお、三貫の、その他大物を狙ふのは、徒らに骨が折れて、職釣としては効果的であるが、遊釣としては適度でない。
日本の釣技 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)
眼のい、口がおの辺についた、途方もない大きなが、矢のように追いかけてきて、そこいらの水を大風のように動かします。
椰子蟹 (新字新仮名) / 宮原晃一郎(著)
大地の上はかねばそこにごろりところがりにけり
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)