“鮫”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さめ94.2%
ざめ3.8%
ふか1.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鮫”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]6.9%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本3.5%
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ2.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大鮪おおまぐろか、さめふかでないと、ちょっとその巨大おおきさとすさまじさが、真に迫らない気がする。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
甚だ尾籠びろうなお話ですが、第一下痢げりをする時には何だかさめの卵か何かを生み落してゐるやうに感ずるのです。
無題 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
うばざめを捕獲する一巻でも同じような場面がずいぶん繰り返し長く映写されるので、ある意味では少し退屈である。
映画雑感(Ⅳ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
撞木ざめという魚に似ているがやはり色は真白できみが悪い、これらも同前の感じである。
ばけものばなし (新字新仮名) / 岸田劉生(著)
またふか類にもその形竜蛇に似たるが多く、これも海中に竜ありてふ信念を増し進めた事疑いなし、梵名マカラ、内典に摩竭魚と訳す、その餌をるに黠智かつち神のごとき故アフリカや太平洋諸島で殊に崇拝し