“巣立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すだち55.6%
すだ44.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この談話を聴いた女学生は今ではそれ/″\巣立をして人の細君になつてゐるが、誰一人詩人や芸術家にはいてゐないらしいから、髯の有無は余り問題にはしてゐない。
この『小桜縅』から田山花袋が出身したはの巣から杜鵑巣立したようなものだ。
彼女といっしょに巣立った早苗たちは、もう未来への羽ばたきを、それぞれの環境のなかで支度している。将来への希望について書かせたとき、早苗は教師と書いていた。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
「わあっ。」と、いうがしました。しかし、もうすずめは、巣立っていませんでした。
すずめの巣 (新字新仮名) / 小川未明(著)