すずめの巣すずめのす
ある日のことです。孝吉が、へやで雑誌を読んで、夢中になっていると、 「孝吉は、いないか。」と、おじいさんの呼ばれる声がしました。いつもとちがって、なんだか怒っているようです。 「はてな、どうしたんだろ …