“巣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
91.2%
すく2.5%
そう2.5%
1.9%
1.3%
ねぐら0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついに、彼の目の睫毛と睫毛との間に小さな一蜘蛛をかけるに及んで、彼はようやく自信を得て、師の飛衛にこれを告げた。
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
冬雪積まず夏苗長ぜず鳥雀わず、星夜れば黒気天に上る、蛟る時また酔人のごとき声し雷声を聞きて天に上る
すると、緑ちゃんも小林君も、今ごろは、彼らのくつにつれこまれて、どんなひどいめにあっているかわからないのです。
少年探偵団 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
乳母よ。この絲は、蝶鳥の翼よりも美しいが、蜘蛛のより弱く見えるがよ——。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
乳母よ。この絲は蝶鳥の翼よりも美しいが、蜘妹より弱く見えるがや——。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)