“ねぐら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
95.7%
塒巣0.7%
寝倉0.7%
寝所0.7%
0.7%
0.7%
栖処0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
本船へ帰ると、私たちは初めて自分たちのに戻ったような気安さを感じた。何かさびしい、あっけないような国境の印象であった。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
久しく我らをしみたり、我らにぐべきはずの定めのを忘れたり、う代りとして立って行く驕奢塒巣作れる、尻尾なき猿、物言う蛇、露誠実なき狐の子、汚穢を知らざる
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「俺も寝倉へ帰るとしよう」
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
寝所へ帰る鳥の群が、赤い夕陽をしのぎながら、の方へ翔けて行った。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
神前にて腹十文字にきり、はらわたをくり出し、悪血をもって神柱をことごとく朱にそめ、悪霊になりて未来永劫、当社の庭を草野となし、野干となすべし——うんぬん。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
純白の裏羽を日にかがやかし鋭く羽風を切って飛ぶは魚鷹なり。その昔に小さき島なりし今は丘となりて、そのには林をらし、山鳩栖処にふさわしきがあり。
小春 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)