娘煙術師むすめえんじゅつし
京都所司代の番士のお長屋の、茶色の土塀へ墨黒々と、楽書きをしている女があった。 照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜にしくものはなしと、歌人によって詠ぜられた、それは弥生の春の夜のことで、京の町々は霞こめて、紗を巻いたように朧であった。 寝 …
作品に特徴的な語句
ふだん おとな ぷん テンポ 悪戯わるあがぎ 悪戯わるあがき まろか 良人しゅじん 遭遇ゆきあ ごわ とぼ ぜん あき 執拗しつこく 流行はやら ばた 接吻くちづ ふし 危険あやう かく 暗誦そらんじ 可憐いじらし いたま こう 嘲笑あざ まじわ 交際まじわ 痙攣しびれ 腫物しゅぶつ ぞう まどか ゆう 自由きまま 希望こいねが かん 身長ぜい 初々ういうし がしら そく つく 焦心こが 思想おもい こい したため 形容いいぐさ 申付もうしつく 痙攣しび 武士ざむらい くわだて がわ かたわ おわ 逝去なく 大店おおどこ とおり おのれ おそれ 敏捷すばし さん 所在ところ がん そく おびや 忍耐こらえ 往来みち いぶ 賭博かけもの ちく たび むろ さいな 旅宿はたご おも こう 雑言ぞうこん くちなわ いさお むしろ 扮装みなり 沈着おちつい なつか いかめ いか がい 強請せが しずく いざ おく よわ 幕間まくま