とんぼの眼玉とんぼのめだま
山火事焼けるな、ホウホケキヨ、 可愛いい小鹿が焼け死ぬぞ。 これは春の暮、夏のはじめの頃に、夕方かけて、赤い山火事の火の燃える箱根あたりの山を眺めて、この小田原の町の子供たちが昔歌つた童謡の一つだと申します。 昔の子供たちはかういふ風におの …
作品に特徴的な語句
しイた うウへ そウら しイ いイち うウ こオは ふウと しイろ にイが まア とヲま こオ さアん こけこ おオこ なア ふウさ ばアけ でつ あアか にい かアぜ こウひ あこ かへろ あアめ はアな 木履かつこ ゆウき 可愛かは すウずめ たん 蟾蜍ひきがへろ あアか うへ すウ やアま めしひ はゝ リイ 暗闇くウらやみ うも 提灯てうちん 郭公かつこう いち にイほ ぢい ちゝ すゝき 何故なし おい はアち をどり 雪花ゆきばな かへ とほ とん ちひ おほ まは はた かご 石鹸しやぼん 綺麗きイれい 真白まつしろ 盆踊ぼんをどり とま かず をさ かはづ おぶ こは こひ いそ こは せは 後向あとむ 退 山椒さんせう ばばあ 夕焼ゆふやけ みつ 両手りやうて こゑ きイじ なに