“元気”のいろいろな読み方と例文
旧字:元氣
読み方割合
げんき98.8%
エツサンス0.6%
サバ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さん、この金魚は、ほんとうに金魚ですこと。たった一つになっても、元気よくんでいますのね。」と、がいいました。
水盤の王さま (新字新仮名) / 小川未明(著)
レンブラン、リユウバンス、ダイク等の和蘭陀派及びフラマン派、マネ以下の仏蘭西近代の印象派、等天才の芸術が地上にあるのは、常に僕等の生活に新しい元気すものである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)