“齎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もたら66.1%
もた32.5%
0.3%
たまもの0.3%
ひと0.3%
0.3%
もら0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ルウベンスまたタアナアの描ける暴風の図は人をして恐怖の情を催さしむといへども暴風のし来る湿気の感を起さしむる事なり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そのなかには独逸の古典的な曲目もあったが、これまで噂ばかりで稀にしか聴けなかった多くの仏蘭西系統の作品がらされていた。
器楽的幻覚 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
その勢で選挙に出馬して首尾よく代議士の議席をち得た、無論政友系として下野の鹿沼あたりから出馬したが、その背景には横田千之助がいたと思われる
生前身後の事 (新字新仮名) / 中里介山(著)
夫は決して人間の意識の独自的な動力によって形成されたものでもなければ、まして神的なものからのでもない。
現代哲学講話 (新字新仮名) / 戸坂潤(著)
しかして我等をいと高うする眞理をば地にしゝ者の名を、はじめてかの山に傳へしものは即ち我なり 四〇—四二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
璧をちて河を渡りける時、河の神の、璧を得まくおもふより波を起し、をして舟をましめし求むるに遇ひしが、吾は義を以て求むべし、威を以てすべからずとて
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
顔色土のごとく恐怖せる洋妾を励まして、直ちにらしめたる金貨百円を、三郎の前に差出せば、三郎はを検してこれを納め、時計を返附して応接室を立出で、待構えたる従者を呼べば
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)