“もた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:モタ
語句割合
41.7%
32.4%
11.6%
10.0%
1.3%
0.7%
0.4%
0.3%
0.3%
0.2%
持上0.2%
自重0.2%
携帯0.1%
0.1%
維持0.1%
茂太0.1%
0.1%
靠垂0.1%
靠着0.1%
食滯0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
哲郎は起って女と並んだ時、爪立ちをめた女の体がもったりとれて来た。哲郎はその女の体を支えながらボール箱に手をやった。
青い紐 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
二階の大きな部屋に並んだ針箱が、どれも朱色の塗で、鳥のようにげたそれらの頭に針がぶつぶつ刺さっているのが気味悪かった。
洋灯 (新字新仮名) / 横光利一(著)
けれども決してそれが何の結果をもらさなかつたのではありません。かう云ふ結果がありました。かういふことも。かういふことも
青々と葉を繁らせている山毛欅の大木の幹にれて蒼空を眺めながら、何考えるともなく取り留めもない物思いにっていたのです。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
麹町三丁目庄兵衞地借瀬戸物渡世忠兵衞同人妻とみ 其方共八ヶ年以前平川天神裏門前にて町醫師村井長庵こと雨中立戻り候を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
冬でも着物のまま壁にれて坐睡するだけだと云った。侍者をしていた頃などは、老師の犢鼻褌まで洗わせられたと云った。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
だが、そろそろとその青かった月代が、胡麻黒く伸びかかって来ると、やはりよくない。どうもよくない。極め付きのあの退屈が、にょきりにょきりと次第に鎌首をげ出して来たのです。
一日四方八方いたれてつてて、れた二人景色めて櫻木大佐武村兵曹一隊水兵今日つて
我は今無言なり、膝を折りて柱にれ、歯をみ、眼をしつゝあり。知覚我を離れんとす、死のは我がに来りてへり。「死」は近づけり、然れどもこの時の死は、生よりもたのしきなり。
我牢獄 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
槭などの古木が茂っている右岸の崖を下りて、斜にのり出した木の枝にれながら、横さまに見上げる。それでも深くれ込んだ岩壁の奥にあるので、瀑身は全部見られなかった。
黒部川を遡る (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
それを振りちぎったらば、今日、もすこしましな作を残しているであろうが、父のことに対して、心に植えた自分自身との誓いは頭を持上げて、まず、人の為になにかする
其麽自重せなくても可いぢやないですか?』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
此処は妙なで馬でも何でも腹が減ると、すくみになると云い伝え、毎日何百とも知れず、荷を付けて上り下りをする馬士まで、まさかの用心に握り飯を携帯ぬ者は無いとの事だ
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
「それぢやお、まあつたらどうだね」と内儀さんがしたのであつた。衷心からつたやうなつて内儀さんはもう追求するなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
今までだつて、私が遣繰一ツで維持せてゐたればこそ、居られたもの。そこへお前が帰つて来ては、三人口の明日の日を、どうして行かうといふところへ、お前は少しも気が注かぬかえ。
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
その手は食わん、金箱というのは、茂太とやら茂太とやらいう小倅のことではない、そのほかに確かに見届けたものがあるのじゃ。
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
崩を聞いて諸王は京に入らんとし、燕王は淮安に至らんとせるに当りて、斉泰は帝にし、人をしてらして国にらしめぬ。燕王をとして諸王は皆ばず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
煮え切れない雲が、頭の上へ靠垂っていたと思ったが、いつのまにか、して、四方はただ雲の海かと怪しまれる中から、しとしとと春の雨が降り出した。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
前へ一歩一歩躊躇ながら二階を降りて、ふいと縁を廻わッて見れば、部屋にとばかり思ッていたお勢が入口に柱に靠着れて、空を向上げて物思い顔……はッと思ッて、文三立ち止まッた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
食滯るる底に、えゆく匂ひ、——
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)