“より”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヨリ
語句割合
21.5%
15.8%
15.2%
6.3%
6.3%
3.8%
3.2%
3.2%
2.5%
1.9%
1.9%
1.9%
四里1.3%
余里1.3%
1.3%
1.3%
1.3%
1.3%
1.3%
0.6%
与里0.6%
0.6%
八粁0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
方言0.6%
紙縒0.6%
近邇0.6%
集合0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なあに、これだって、人が見れば、山出しの下男だろうと思うから心配はない。それよりも、うでにをかけて、沖へ漕いでおくれ」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土佐の板垣一派の仕事を木葉微塵にして帰るべく腕にをかけて来たものであったが、それでは持って生れた彼一流の正義観が承知しなかった。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
これを腰にさげて居れば犬が怖れてつかぬというて、大きな豹だか虎だかの皮の巾着を貰ったので、それを腰にぶらぶらと下げて歩いたが
少年時代 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
この時にあたってヒューゲノー党のて以てとなせし唯一の人物はナバールの大公ヘンリーなりき、彼若くして武勇に富み
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
「どうしたせてんのか、そんだられかんぜんえてやつかれえ」さんがにいつた返辭がなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
わたしは千葉の者であるが、馬琴の八犬伝でおなじみの里見の家は、義実、義、義実尭、義、義、義、義、義の九代を伝えて、十代目の忠義でほろびたのである。
青蛙堂鬼談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
三河町に浪宅致す山口惣右衞門の白状なりとあびせては如何の筋合之有渠等
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
細長い大きな部屋の一隅にホロホロと暖炉を焚いて深い椅子に埋まっていた老人は、私を見ると杖を挙げて
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
れば我輩のて頼む所は横浜にある外国人居留地の安全なるに若くものなしとて、該地に居を移す者日に多く、府民もこの例にうて皆横浜に走り、浜の市中に充満して
故社員の一言今尚精神 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
んの生命を掻払いさえすりゃ、お孝とのが戻って、早い話が旧々通り言うことを肯いて、女が自由になる見込さえあればですだ、それこそ、お前んが国手でも、神でも、仏でも
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
上方へ行つて惡事を重ね、近頃江戸へ歸つて來たと言つて執拗く昔のを戻すやうに言つて來ましたが、私は相手にしなかつたので、私にいやがらせをするつもりで、そんな芝居を打つたんです
ちその直徑東西四里南北五里び、こゝに阿蘇一郡四萬まつてゐる。噴火はこの火口全體からつたのではなく、周圍土地陷沒によつてがつたものだといふ。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
滔々たる水路五百余里れて東海に入り、巨濤に千し風波に万すれども断折砕粉せず、直身挺然として我国の洋中ひ、北海の地方により、椎谷貧民れてて水を
中津藩はすでにこの偶然の僥倖て維新の際に諸藩普通のかれ、爾後また重ねてこの僥倖を固くしたるものあり。けだしそのこれを固くしたるものとは市学校の設立、すなわちこれなり。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
そこは懲々だよと口の内で云って、こちらへおいでとで招いて居ると、やがて来のは同じ年配で、御召の大縞の上着に段通織の下着、鼠緞子の帯を締め、芸子潰しに銀のあばれという扮粧
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
さればむかしよりは此国の名産たりし事あきらけし。に、むかしの越後布は布の上なる物なりしを、後々次第て糸にをつよくかけてたるならん。
ジャクモンが『一八二八三二年印度紀行』一にジャグルナット行の巡礼葉竹の両端に二つ行李附けてい行李ごとに赤布片を付ける、林中の虎をすのだとあるが、そんな事でく事か知らん。
ちいさなちいさな小だのふぐだのを出してくれる、自来也の、年代のついたいさみの与三
四の橋一の橋 明治四十一年十二月二十九日開通
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
一ノ橋赤羽橋 明治四十二年六月二十二日開通
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
造次何ぞ曾て復讎を忘れん 門にを献ず権謀 風雲帳裡無双の士 歌舞城中第一流 警柝声は沉む寒堞の月 残燈影は冷やかなり峭楼の秋 十年剣を磨す徒爾に非ず 血家血髑髏を貫き得たり
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
この文明開化の世の中にだね、ラ・コートから、頂上まで、わずか八粁十粁の道中に二日もかかって、おまけによちよちと四本の手足を使って這い廻るなんてのは進化の逆行だわよ。
周章てゝ顔を背けて後の障子へかゝったが、すぐとまた見たくなってそれとなく見るに、自分が向うを見ながら向うが見るようで自分が恥かしく、目も鼻も口もたゞ何だか好い女におもわれて
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
何故御前様にはやうの善からぬに択りて、折角の人にれし御身を塵芥の中に御捨被遊候や、残念に残念に存上まゐらせ候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
其の袋を取ってぱっと投げますると、風が這入って袋のが戻ったから、中からブウンと蚊が飛び出しました。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
……主君の御気象が、大公儀へは余程、大袈裟に聞こえていると見えてのう。この程、大阪乞食の傀儡師や江戸のヨカヨカ飴屋、越後方言蚊帳売りなぞに変化して、大公儀の隠密が入込みおる。
名君忠之 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
みなの目が好奇に光るまえで、左膳、紙縒を戻して大声に読みあげた。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
丑松はまた機関車近邇の一室をんで乗つた。思はず其処に腰掛けて居た一人の紳士と顔を見合せた時は、あまりの奇遇に胸を打たれたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「組合の集合じゃろ。毎晩のごと、やっとる。……危いけ、夜は気をつけるごと、よういうてはあるが、……」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
に、がもどってきたら、こうといましたが、いざそのときになると
大きなかしの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)