日蔭の街ひかげのまち
歳晩の寂しい午後であった。私は、青い焔をあげて勢よく燃えさかっている暖炉の前へ、椅子を寄せて、うつらうつら煙草を燻らしていた。私の身のまわりは孰れも見馴れたもの計りで、トランクは寝台の下に投込んであり、帽子掛には二つの帽子と数本のステッキが …
作品に特徴的な語句
狡猾カンニング 不良 かたま つま 了解のみこめ たしな しず 考慮かんが 音声こえ 機会チャンス 混雑 経緯すじみち つま 附着 あぐ より おり 破損こわ 紛失なくな 迅速はやさ のぼ 飾窓ショーウィンドウ ためし たた しわぶき 品位ひん あや 尾行 いじ 摂取 ステッキ 消費つかい 狼狽あわ 倏忽たちまち 嗣子よつぎ 四肢てあし 弁疏いいわけ にく ぎょっ 暖炉ストーブ 湾曲カーブ ひそ ほて ひしめ 疲労つか 疾走はし 目星めぼ 経過 臙脂べに 衝突ぶつか 蹌踉よろめ 軽羅うすもの 邂逅めぐりあ 不良わる 久時しばらく 予々かねがね たお 付狙つけねら 仮睡うたたね まか 何誰どなた 余熱ほとぼり 係累けいるい 倫敦ロンドン もた 呆乎ぼんやり 周章あわ マイル そそ ただ 啻事ただごと 四辺あたり それ 失策しくじ 妍爛けんらん 妖艶ようえん いず 悄気しょげ ことごと こころ 所謂いわゆる ゆう すで 春信はるのぶ くら 朱鷺とき かしわ 次手ついで そばだ