“朱鷺”の読み方と例文
読み方割合
とき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高島田に奴元結い掛けて、脂粉こまやかに桃花のびをい、朱鷺縮緬単衣に、銀糸の刺繍ある水色𧘕𧘔を着けたり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
生は桜色と朱鷺色との中間ぐらいの淡紅色で、この種のものの中で一番感じがよい。乾燥したものはいくぶん代赭色に近い。
くちこ (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
四時に迎えを出すことにして、家へ帰って、こちらはすぐ着付……長襦袢は朱鷺色縮緬の古代霞のぼかし。単衣は、鶸茶にけまんを浮かせたあの厚手の吉野。
姦(かしまし) (新字新仮名) / 久生十蘭(著)