“朱鷺”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“朱鷺”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.4%
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 食品 料理0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
鮮紅からくれなゐと、朱鷺ときと、桃色もゝいろと、薄紅梅うすこうばいと、と、しゆと、くすんだかばと、えた
魔法罎 (旧字旧仮名) epub / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ときはや黒煙くろけむりつゝまれて、おほき朱鷺ときかたちした一団いちだん
神鑿 (新字旧仮名) epub / 泉鏡花泉鏡太郎(著)