“鴾”の読み方と例文
読み方割合
とき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はじめました。それさ、お前さん、鶏卵と、玉子と同類の頃なんだよ。京千代さんの、さんと、一座で、お前さんおいでなすった……
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
の火だ。鴾の火だ。もう空だってくはないんだ。
若い木霊 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
いろの花をつけてゐる
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)