“鴾色”の読み方と例文
読み方割合
ときいろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少女はやゝ黄味がかつた銘仙の矢絣の着物を着てゐた。襟も袖口も帯も鴾色をつけて、同じく鴾色の覗く八つ口へ白い両手を突込んでつてゐた。
小町の芍薬 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
若草は藤掛色の室着を羽織り、山繭の長襦袢に、鴾色のしごきを乳の下から、巾広にして身重の腹を締めて居りまする。
關口で買ふ舶來化粧品の功能が見えて、顏は水が垂るやうに美しい。寢起に蒼過ぎたも、鴾色に匂つてゐる。
半日 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)