“寢起”の読み方と例文
新字:寝起
読み方割合
ねおき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
べては、鳥籠けれども、二疊ばかりあるらむを、一人寢起にはよも堪難きことあるまじ。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
關口で買ふ舶來化粧品の功能が見えて、顏は水が垂るやうに美しい。寢起に蒼過ぎたも、鴾色に匂つてゐる。
半日 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
寢起の機嫌の惡いお倉だ」