十万石じゅうまんごく
こゝに信州の六文錢は世々英勇の家なること人の能く識る處なり。はじめ武田家に旗下として武名遠近に轟きしが、勝頼滅亡の後年を經て徳川氏に歸順しつ。松代十萬石を世襲して、松の間詰の歴々たり。 寶暦の頃當城の主眞田伊豆守幸豐公、齡わづかに十五ながら …
作品に特徴的な語句
おほ おほせ たゞ 憂慮きづかは 同一ひとし さかしら はづか 前刻ぜんこく 燈火とうくわ 一時あるとき しよく 一通いツつう しほ かうべ 上下しやうか 其方そのはう あぢはひ つひえ 跪坐ついゐ ちと をり こゝ 祝着しふぢやく をは 御言おんことば をさ あやふ なんぢ 家中かちう 進出すゝみい かな 雌雄つがひ しはぶき うへ かの きう ちがひ 道理もつとも この おつ おごそか さふら やゝ 理由いはれ 御出おだ 一寸ちよいと 莞爾につこ うけ あし かゝ づめ げん たゞし たなそこ あらは むな いで つひ 心中しんちう 思附おもひつ うる 申聞まをしき ちよう やは いさゝか よく みづか さふらふ しう 外見よそみ きた あわた おこな そゝ あまり ことば はから あれ 寛裕くわんゆう うけたまは 世々よゝ 遠近ゑんきん 明日みやうにち いにしへ 上手じやうず 年少ねんせう おき たゞ とば 家並いへなみ 取合とりあは かへつ 御心おんこゝろ 仕出しい