“取合”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とりあ47.6%
とりあわせ9.5%
とりあひ9.5%
とりあは9.5%
とりあわ9.5%
とりあう4.8%
とりあはせ4.8%
とりお4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ならば、に、しくもくもしうも彩色されていてある…取合ふてふて、ものつて、二人られるではない。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その豆を与えるところに、「なつけん」という親しい心持がある。鳩に豆は極めて陳腐な取合のようであるが、この句は決してそうではない。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
へ猶種々頼み入候へども一向取合も致さず候まゝ是非なく立歸りし所如何なる仔細か姑事首をり居候ゆゑ打驚き種々介抱いたし呼生しかども其甲斐なく候故途方に暮居し處此物音を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
幼君たゞちに御披見ありて、「こは一段思附面白取合せなり。如何にもこれにてしとへるか」と御尋に、はツと平伏して
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ソレを屋敷を買うなんてソンな馬鹿らしい事は一切めだ、マアそんな事をなさるなと取合ぬから、私は不承知だ。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
聞て其儀勿々ならず假令御仕置者なりとも首又は死骸などく渡して事は成ぬなり夫共御奉行所よりの御差※ならばぬことして/\出來ぬことなり早く歸られよと取合氣色もあらざれば城富は力もぬけりて茫然と涙にび居たりける是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
コバルトと赤と薄黄の三で濃厚な中に沈静なを出した「菊と薔薇」が最も気に入つた。其間に属した小さな控室に一鵬斎の美人絵が薄されて二枚つて居るのも好い取合である。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
二の烏 (手を取合うて)おゝ、見える、見える。それ侍女の気で迎へてれ。
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)