“雲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くも95.0%
ぐも2.6%
うん1.0%
0.3%
くもり0.3%
そら0.3%
ゆき0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
になると、屋根れました。は、ときどき、それらのうつりかわる自然して、ぼんやりながめましたが
ちょうと三つの石 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そして、のかなたにいて無数のうろこしく花弁のようにりかかったときに、げてんだものもありました。
明るき世界へ (新字新仮名) / 小川未明(著)
きのうにりたので今日はいちばい重厚な構えで“五ノ陣”が組まれた。ひだりは林冲、一丈青の隊伍。みぎは花栄と孫立。まん中の先鋒隊が秦明である。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
イロいウモがアかく
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
洗髪潰島田、ばっさりしてややほつれたのに横櫛で、金脚五分珠をわずかに見ゆるまで挿込んだ、目の涼しい、眉の間にのない、年紀はまだ若いのに、白粉気なしの口紅ばかり
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
眠つてる、草ン中に倒れてゐるんだ
少々たったところには、きながありました。冬空は、ゆきがくて、じっと下界おろしていました。百は、ここからまだかったのです。
百姓の夢 (新字新仮名) / 小川未明(著)