“雲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くも94.8%
ぐも3.2%
うん0.8%
0.4%
そら0.4%
ゆき0.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)18.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)5.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
北山きたやまにつらなるくも青雲あをぐも星離ほしさかりゆきつきさかりて 〔巻二・一六一〕 持統天皇
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
秋風あきかぜ大和やまとゆるかりがねはいやとほざかるくもがくりつつ 〔巻十・二一二八〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ほの赤い、朝暁あさあぐもを仰いで、蔵六は、頭が、くらくらとなった。——どんと、牢格子に背中をもたせかけて、
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また、三ねんもたつと、うみうえにうろこぐもがわいたに、そのかい白鳥はくちょうわってしまう。
明るき世界へ (新字新仮名) / 小川未明(著)
「帰るなら帰ってもいいわ。うんだのだのってなんです。」
五通 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
こいつアすてきだ、淡路島が足もとへ来ていやがる、孫悟空そんごくう様がきんとうんに乗って行っても、こう早くは淡路へ着くめえ。どれ、だんだん東へ歩こうか……見える見える天王寺が。五重の塔のすてッぺんに、からすがあくびをしていやがる、その手前はどこだろう、なんにもねえや、真っ青だ、田圃たんぼと桃の木と原ッぱだ。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
イロいウモがアかく
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ウロいウモがイクく
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
眠つてる、草ン中に倒れてゐるんだそらもと
うえ冬空ふゆぞらは、ゆきゆきがはやくて、じっと下界げかいおろしていました。
百姓の夢 (新字新仮名) / 小川未明(著)