百姓の夢ひゃくしょうのゆめ
あるところに、牛を持っている百姓がありました。その牛は、もう年をとっていました。長い年の間、その百姓のために重い荷をつけて働いたのであります。そして、いまでも、なお働いていたのであったけれど、なんにしても、年をとってしまっては、ちょうど人間 …
作品に特徴的な語句
うし とう 心地こころち しょう ゆき うし ぽう うえ 最初さいしょ 昨夜さくや そん ゆび いそ めん こお ぱい ぽん あか 燈火あかり ほう 手当てあ あや せい かれ つよ はら わか 少々しょうしょう くる いえ ごと そと ごえ 収穫しゅうかく おと わか からだ 黄銅しんちゅう かたむ あたま あお 他人たにん 今日きょう あいだ はい こご なか ひら つめ 総出そうで つな こた ふえ はし そら あき ねむ 相手あいて しろ たの まち おとこ よう かお かぜ のこ たか ある おどろ 気持きも 気遣きづか むぎ