“ゆき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ユキ
語句割合
65.3%
19.9%
3.5%
2.5%
降雪0.7%
柚木0.7%
0.7%
0.5%
由岐0.5%
雪花0.5%
由紀0.5%
0.5%
悠紀0.2%
0.2%
兪琪0.2%
容奇0.2%
0.2%
往路0.2%
往途0.2%
斎木0.2%
0.2%
由伎0.2%
行程0.2%
行途0.2%
0.2%
雪塊0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
がふるとられなくなるから、ちょっと、となりまでたしにいってくる。」と、父親は、じたくをしながら、いいました。
ペスときょうだい (新字新仮名) / 小川未明(著)
と共に手を携え肩をべ優々と雲の上にには白薔薇じて吉兵衛を初め一村の老幼芽出度とさゞめく声は天鼓を撃つ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
船が伊東の海岸を離れる頃は、大島がかに見えた。その日は、の時と違って、海上一面に水蒸気が多かった。水平線の彼方は白く光った。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「妙なことがあるものですね。は年々着物が大きくなりますよ。この間一重に着替えたら、も一寸近く伸びていました」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
そこから、二拾って日本橋へ走らせた。いつのまにか、空気が寒くひき締まって、降雪を思わせていた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
まもなく、七兵衛の道中姿を、多摩川を一つ向うへ隔てた吉野村の、柚木即成寺の裏山の松の林の中に見出します。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
またといふようなものをしてあるのも發見されます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
を氣付けろ…………。」
一九二八年三月十五日 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
「じゃ、まあ、それはいいとして……」と、を投げて「由岐へあがってからどうしていた?」
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
物をるに眼力りありて其外を視るべからず。されば人の肉眼を以雪をみれば一片鵞毛のごとくなれども、十百雪花併合て一の鵞毛を也。
で、また仮に娘分として、名はお由紀と云うのと、秋庭君とである。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お針仕事が、津々浦々の、女たちにもわかりよいやうに、反物のは、およそ男の人のに一ぱいであることを目標とし、その布を、袖に四ツに疊んで折り、身ごろを長く四ツに折ればとれる。
きもの (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
殊に大新嘗には国中の公田悠紀主基卜定して、その所産をもって祭儀の中心たるべき御飯の料にてられることになっていた。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
しかるに悠紀主基二殿内部の作法鋪設のごときものは、特に秘儀というまでの厳重さではなかったというにもかかわらず、ただその無限のとさの故に
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
『人死亡る時に、若くはきて自らひ、或は絞きて殉はしめ、及びちにし人の馬を殉へるが如き旧俗は、皆悉くめよ』
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
張玉の肉薄して登るに及び、城に抜かれ、凱と程暹兪琪趙滸等皆らる。これ実に十月なり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それは前年の暮に新井白石の容奇の詩に倣つて作つたものである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
豐葦原ノ千五百秋瑞穗ノ國ハ、我ガ子孫タルベキナリ、皇孫セ。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
そして、……歸途……着崩したては、往路ではあるまい。踊子だらう。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
其處で、明日午前六時て、鐵檻車出發時刻めませう、から三十深山するに、鐵車平均速力が一時間に二として、往途二日建塔めに一歸途二日
考頭注に、「このかしは神の坐所の斎木なれば」云々。古義に、「清浄なる橿といふ義なるべければ」云々の如くであるが、私は、大体を想像して味うにとどめている。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
同時に、そののもう一人、瞳を返して、三造は眉をめた。まさしく先刻のらしい。それが、黒い袖の短かに、の想わるる手をぶらりと、首桶か、骨瓶か、風呂敷包を一包提げていた。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
第十三 雪ノ潔瑩比スベキモノ無クク汚濁ヲ洗濯シ臭腐ヲ駆除ス 故ニ中華西洋人ノ廉潔物ノ清浄必ズコレヲ之ニ比ス 我邦由伎ノ名モ亦此義ナリ
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
たま/\の旅行だし、靜岡まで行程して、都合で、あれから久能𢌞つて、龍華寺——一方ならず、のつたないつてくれた齋藤信策)さんのがある——其處參詣して
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
何も穿鑿をするのではないけれど、実は日数の少ないのに、汽車の遊びをった旅行で、行途は上野から高崎、妙義山を見つつ、横川、、浅間を眺め、軽井沢、追分をすぎ
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
執リテ矻々事ニ是レ従フト雖モ俗累ヲ内ニ掣シテ意ノ如クナラズ其間歳月無情テ人ヲ待タズ而シテ人生寿ヲクル能ク幾時ゾ今ニシテ好機若シ一度逸セバ真ニ是レ一生ノ恨事之ニ過グルナシ千思万考ニ我身ヲ衣食ノ煩累ト絶ツノ策ヲ画スルノ急要ナルヲ見又今日本邦所産ノ草木ヲ図説シテ以テ日新ノ教育ヲ
ちえつ、悪魔めが、なんちふ雪塊を吹きつけて、目潰しを喰らはしやあがるこつた!
少々たったところには、きながありました。冬空は、ゆきがくて、じっと下界おろしていました。百は、ここからまだかったのです。
百姓の夢 (新字新仮名) / 小川未明(著)
室の中を見ると、狛錦倭文などのの盗まれた神宝があった。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
負ひて太刀を佩きたる物部のよそほひしたる山ざくら花
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)