ふね
山本さん——支那(しな)の方に居る友人の間には、調戯(からかい)半分に、しかし悪い意味で無く「頭の禿(は)げた坊ちゃん」として知られていた——この人は帰朝して間もなく郷里(くに)から妹が上京するという手紙を受取ったので、神田(かんだ)の旅舎 …
作品に特徴的な語句
あおむ すぐ ふか まいり ところ なお たった とこ 彼地むこう しまい 彼方むこう 成長しとな 陶器せともの ほとり 男女おとこおんな かたづ 接吻キス おく ひと 瀟洒さっぱり 何卒どうか せん 暗記そらん つくえ むかし かえ おぶ せい におい 年長うえ 繊細きゃしゃ ゆき こまか まつ 心地こころもち 飲食のみくい 波濤なみ 最早もう 内儀おかみ 処女むすめ 刺繍ぬいとり 是方こっち 玻璃ガラス 取換とりかわ 可恐おそろ ふる はな 調戯からかい いや 襟飾えりかざり ゆす はさ 翌日あくるひ 年長としうえ 幸福しあわせ やす しん 快楽たのしみ あわれ 浴衣ゆかた 麦藁むぎわら 温暖あたたか あふ 火鉢ひばち 熱海あたみ ひと 理窟りくつ 甲板かんぱん 男性おとこ 疲労つかれ 真似まね 真実ほんとう なが 眼前めのまえ 着更きか むつ 神田かんだ 禿 おか つか 輪廓りんかく 郷里くに 鉄嶺てつれい 錯々せっせ 閉籠とじこも かま 陰影かげ 香橙オレンジ ほお