“成長”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せいちょう20.0%
おほき13.3%
せいちやう11.1%
しとな8.9%
おおき8.9%
おが4.4%
おほきう4.4%
おほきく4.4%
ひととな4.4%
おお2.2%
おうきう2.2%
せいてう2.2%
のび2.2%
ひとなり2.2%
ひとゝな2.2%
ひとゝなり2.2%
ふと2.2%
ロスト2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なぜなら、きな都会ほど、文化発達し、芸術んであり、それによって自分成長させることができるとえたからです。
しいたげられた天才 (新字新仮名) / 小川未明(著)
墓の一つを母親がして『これがお前のさんのお墓だよ。さんは此処るんだよ。成長くなつたら、行つて御覧?』
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
「こんなに年老るまで、自分で、どんなにお前のためにをふせぎ、それとつたかれない。そしてお成長したんだ」
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
に捨吉が小父さんの使として訪ねて行って見ると、最早結い替えた髪のかたちをじらうほどの人に成った。いも揃って皆急激に成長って来た。
桜の実の熟する時 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
女学校はどこへ入れようかな。成長くなったら音楽家にしようか、それとも画家がよいか知らん。画は日本画と西洋画とどちらがよいか知らんて。
犠牲者 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
「虔十、あそごは杉植※でも成長らなぃだ。それより少し田でも打ってけろ。」
虔十公園林 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
この成長ならんをのみりて、洋服すがた美事ならぬめに、手辨當さげて昨日今日ぬ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かない⁉ それはい! けれどいからいけません、追付成長なつたら、大佐叔父さんもんでれてつてさるでせう。
飯田や高遠で成長ったとはどうしても思われぬ物凄い野性! で、気の毒とは思いましたが私の門弟に加えますことを、断わったことがございました
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
母の献身的な愛のうちに、美しくて立派な冬子の愛のうちに成長して来た彼は、さらに愛する和歌子と深井とを獲た程に成長きくなったのだった。
地上:地に潜むもの (新字新仮名) / 島田清次郎(著)
別亭洒落たるがありて、名物がありてと父君自慢にすがり、年來して、此上のおひはがたけれど、とてもの其處らしてははらぬか、甚之助樣成長ならば
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ないだが、成長したらアノりの獰惡振りを相續するにひない、環境だいつそつてやらうかとつて、また躊躇した。
ねこ (旧字旧仮名) / 北村兼子(著)
万物は成長よう成長ようとしていた。一人城主の肉体ばかりは、破壊に向かって進んでいた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
やがて成長ざかりの子が東京の方で小学の課程を終わるころのことであった。半蔵は和助からの長い手紙を受け取った。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
昔から馬琴其他の、作物は多く讀んだが、詰りが明窓淨几の人で無くつて兵馬倥偬成長つた方のだから自分でも文士などゝ任じては居らぬし、世間も大かたうだらう。
兵馬倥偬の人 (旧字旧仮名) / 塚原渋柿園塚原蓼洲(著)
敏速の寶澤は空泣しても私しの親父養子にて母は私しが二ツの年病死し夫より祖母養育成長しが十一歳の年に親父故郷の熊本へ行とて祖母に私しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
龍馬が常に云つていました、おれは若い時親に死別れてからはお乙女さんの世話になつて成長つたので親の恩より姉さんの恩がいつてね。
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)
工場内の文学研究会でまとめられた批判は「ラップ」の初歩的機関紙『成長』などへも載せられる。