地上ちじょう地に潜むものちにひそむもの
虐げらるゝ者の涙流る 之を慰むる者あらざる なり——傳道之書 大河平一郎が学校から遅く帰って来ると母のお光は留守でいなかった。二階の上り口の四畳の室の長火鉢の上にはいつも不在の時するように彼宛ての短い置手紙がしてあった。「今日は冬子ねえさん …
作品に特徴的な語句
うぶ アルコール さら 地上 成長おお ポケット やすみ おっ われ 哄笑あざわら 眩惑まぶ あら おわ とぼ べり うも なきがら おろか こま 顔容かおつき なめ 頭顱とうろ いま はっき 遺子がたみ 湯気いきり 篝火ががりび すく わずら うら うえ のぶ かしず 珍重めずらし まど しな おやじ はじ くすぶ 草生くさふ まわ 金沢こちら 稼業しょうばい しな 漸々だんだん 漂泊さすら ひろ おぶ 夜更よふか 級友クラスメート きよ おそ のん なぐ ばち かわ 望月ぼうけつ 挙措ものごし いやし しん やす 草創くさわけ 幾千いくら 幸福しあわせ 継母はは おれ しま うご 退 同級クラス 骨牌カルタ きら 地均ぢなら ひも しか なま うらら 焦々じりじり とも